教師に転職したい人は教員資格を取って頑張ろう

教師に転職したい

教員資格を活かしたい

教員資格があれば教師への転職は難しいことではない

教師として働く場

教師として働く場は小・中・高校、公立、私立がある

教師に転職する場合の注意点

教師に転職する場合は応募要項をよく調べること

憧れの教師像

憧れの教師像をイメージして転職活動をするのがポイント

教師に転職したい

子供が好きな人は、教師になりたいという夢を持っています。昔も今も教師はあこがれの職業にランクインしているほどです。では教師になるには、どうすればいいのでしょうか。まず教員資格を取る必要があります。教員資格は教員免許とも言われます。教員免許状を取ることが必須になるのです。

教員免許状は、都道府県教育委員会から授与されます。小学校、中学校、高等学校であっても、盲学校や聾学校、養護学校をはじめ幼稚園の教員になるにも教員免許状が必要になります。また学校の養護教員になる場合にも教員免許状がいります。小学校教師には小学校の教員免許状が必要です。中学校の教師になるには、中学校の教員免許状がいるということです。また、中学校と高校の教師の場合は教科ごとに免許状を取ることになります。

教師の免許状を取るには、教職課程のある大学で教員養成を受けるのが一般的です。大学で文部科学大臣が認定した課程で所定の教科の単位を取得することが必要になります。大学卒業して取得する第一種免許と短大を卒業して取得する第二種免許があります。高校の教員免許状は国語や数学といった主要科目以外に農業、看護、福祉、水産、情報、商業、商船の科目があります。全科目でなく自分が得意な科目の教師になることができるのです。

[おすすめリンク]

顧客満足度No.1の転職エージェント
転職エージェントの最大手 リクルートエージェント

最大手ならではの手厚い転職サービス
リクルートエージェントのサービス詳細

また大学で教員過程を取っていない人の場合でも、教員資格認定試験を受けることで免許状が授与されます。そのため一度は一般の会社に就職した人でも、教員資格認定試験を受けて教師として転職する道があるのです。教師になりたいという人は教育に関して、熱い気持ちを持っている人が多いようです。特に昨今の教育現場の様子を見ていると、自分も何かしたいという思いを持つのでしょう。夢をあきらめずに挑戦するといいですね。

また学校を舞台にしたドラマなどがあると、自分も子供に接して教育に関わりたいと思うケースがあります。そうかと思えば熱血先生のことが新聞やテレビで紹介されると、普通の会社員よりも教師になりたいという気持ちが強くなるのかも知れません。一般企業に勤めた人が教師に転職することは可能ですので、ぜひ夢の実現に向かって行動を始めるといいでしょう。